「母乳が出ない」初産直後の原因とおっぱいケアの方法【ママの悩み】

まずは母乳が出る仕組みを知ろう育児の悩み
スポンサーリンク

母乳で育てたいけれど、なかなか母乳量が増えないと悩んでいるママは多いもの。授乳にはコツが必要で、誰でも最初から上手くいくわけではありません。

今回は、母乳が出る仕組み、母乳が出ない原因、授乳のコツなどを紹介します。母乳が出るまでの期間は個人差がありますが、母乳は出るようになります。諦めないで今の授乳法を見直してみましょう。

 

スポンサーリンク

まずは母乳が出る仕組みを知ろう

 まずは母乳が出る仕組みを知ろう

母乳はどのように出るのでしょうか?

 

まず、妊娠中の体のことから説明します。

妊娠すると、母乳を作るホルモンの「プロラクチン」が分泌され、乳腺が発達します。

出産が近くなる頃には母乳の準備が整って、赤ちゃんがいつ生まれても良い状態になります。でも、妊娠中に母乳は出ないですよね。それは、ホルモンの「プロゲステロン」と「エストロゲン」が母乳を分泌する働きを抑えているからです。

出産すると2つのホルモンの分泌が無くなり、母乳の分泌が始まります。

 

出産後、赤ちゃんがママのおっぱいを吸うことで、母乳を作るホルモンの「プロラクチン」、母乳を出すホルモンの「オキシトシン」が次々に作られます。何度も赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、母乳量が増えていきます。作られた母乳は、赤ちゃんがおっぱいを上手にくわえて吸うことで出てきます。

プロラクチンは、授乳を始めてから30分後に分泌がもっとも多くなり、次の授乳に向けて母乳を作ります。また、夜間に授乳をすると、昼間よりも多くプロラクチンが作られることも分かっています。

母乳を出すには、赤ちゃんにおっぱいを