離乳食の時に赤ちゃんがスプーンをつかんだり、投げたりする時の対処法

離乳食を食べる時に、赤ちゃんが困った行動をすることはありませんか?赤ちゃんは何にでも興味津々です。

食べ物をぐちゃぐちゃにしたり、スプーンに興味を示したり、大人から見るとヒヤヒヤしますよね。赤ちゃんにとって食事は遊びの延長の様なもので、食事のルールやマナーを理解できるのは先のことです。

今回は、離乳食の時にスプーンで困った行動をする時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク
広告大

赤ちゃんの離乳食で困ることあるある

赤ちゃんの離乳食で困ることあるある

ママ同士で離乳食の話をすると、順調に進んでいる人ばかりでなく、悩みがいろいろと出てきます。悩みはそれぞれ違うけれど、離乳食で悩んでいるのは皆同じです。

どのようなことで悩んでいるのでしょうか?赤ちゃんの離乳食で困ることあるあるを見ていきましょう。

遊ぶ・汚す・ぐちゃぐちゃにする

赤ちゃんにたくさん食べて欲しくて作った離乳食なのに、困った行動をして食べてくれないのは辛いものです。

良く食べる赤ちゃんでも、お腹がいっぱいになると遊び出す事があります。私の子どもは、お皿にのっている食べ物を混ぜることが大好きでした。手も服も汚しながら、笑顔で食べ物を混ぜる姿に何度涙を流したことか。

ごはんを指で潰すなど、食べ物の感触が面白いと感じる赤ちゃんも多い様です。

食べ物やスプーンを投げる

赤ちゃんは、食べ物やスプーンとおもちゃとの区別がついていません。

食べることよりもスプーンに興味があることやスプーンをボールと同じ感覚で投げることがあります。

お茶やスープをこぼす

コップでお茶が飲めるようになると、わざとコップのお茶をこぼす子がいます。

水で遊ぶのが好きな赤ちゃんは多く、液体がどんなものか触ってこぼして確かめているのです。こぼれる感覚が楽しく繰り返すことがあります。

なぜスプーンをつかんだり、投げたりと困ることをする?

なぜスプーンをつかんだり、投げたりと困ることをする?

離乳食を始めた頃は、与える量が少ないので大人しく食べてくれる赤ちゃんも多いはずです。それがだんだんとスプーンをつかんだり、投げたりするようになってきます。赤ちゃんは、なぜスプーンを使って困る事をするのでしょうか。

ママと同じことをしてみたい

赤ちゃんは、1歳前後になると、自分でなんでもやりたがる様になります。スプーンもその一つで、ママの持っているスプーンは赤ちゃんにとって魅力的な道具なのです。赤ちゃんがママの持っているスプーンをつかむ場合は、同じことをしてみたい気持ちの表れかもしれません。

食事と遊びの区別がついていない

赤ちゃんは、食事のルールやマナーは理解できません。

スプーンを投げるのも、遊んでいるのと同じです。最初はたまたま投げたスプーンかもしれませんが、ママがとってきてくれる事が面白くて投げることがあります。

上手く使えないのでイライラする

赤ちゃんはやりたい気持ちとできることに差がある為、上手くできないとイライラすることがあります。そのイライラの気持ちが癇癪で現れることもありますし、スプーンを投げて表現することもあります。

食事を終わらせたい

赤ちゃんは自分のお腹が空いたという欲求が満たされると、もう食事はいいやとなります。そうすると食事を食べるというよりは遊びだすことが多くあります。

また、赤ちゃんによって食事に興味を示さない子もいます。

スプーンをつかんで投げることは、食事をしたくないという意思表示かもしれません。

スプーンをつかんだり、投げたりする時の対処法

スプーンをつかんだり、投げたりする時の対処法

離乳食を進めて、食事の時間を赤ちゃんと楽しみたいものですよね。スプーンをつかんだり、投げたりする時はどのように対処したらよいでしょうか。

赤ちゃんの行動を変えるには、受容が大切だと言われています。言葉が上手く出ない赤ちゃんの気持ちを代弁して受け止めてから、スプーンを投げるのは危ないことだと伝えると効果的です。また、上手くできた時に褒めることで、赤ちゃんは上手く使いたいという気持ちになっていきます。

スプーンを投げることが日常化しているのなら、まずはスプーンを投げる前に止めましょう。

もし、投げたら、大きく反応しない様にすることも大切です。大きく反応してくれると赤ちゃんが学ぶと、かまってくれることが楽しく困った行動が続くことがあります。

1度やりたいようにさせてみるのはどうか?

1度やりたいようにさせてみるのはどうか?

赤ちゃんの困った行動を改善するには、長い期間かかると思った方が良いかもしれません。気楽に対応していきましょう。

赤ちゃんのやりたい様にさせるのも一つの手です。全ての食事を手助けなく食べるのは大変なので、スプーンを2本用意して赤ちゃんがスプーンを使う合間にママが食事を口に運んであげましょう。また、デザートだけ赤ちゃんに任せるなど、食材を限定するのもおすすめです。

私の子どもは、ヨーグルトから始めました。ヨーグルトは柔らかいのでスプーンを入れやすく、また粘度があるのでスプーンから落ちにくい為すくいやすい様です。初めの頃は、口の周りがヨーグルトだらけでしたが、少しずつ上手くできるようになっていきました。

赤ちゃんとママのストレスが少ない様に、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

実際にスプーンを練習するのはいつごろ?

実際にスプーンを練習するのはいつごろ?

赤ちゃんがスプーンを持つと、口の奥に入れないか心配になり、どのタイミングで持たせれば良いかわからないママもいると思います。

スプーンの練習を始めるのに決まった時期はありません。赤ちゃんがスプーンに興味を示し出したら、できることから始めていきませんか?

スプーンの練習をする時に、赤ちゃんがスプーンを持ちその手にママの手を添えて、スプーンの動かす感覚を教えることから始めてみるのもおすすめです。

また、おままごとでフェルトを丸めたボールなどを用意して、スプーンですくう遊びをするのもいいでしょう。その他に、お絵かきなどの指先を使う遊びをすると、スプーンの動かしかたも上手くなっていきますよ。

離乳食は楽しい食事にして好きになってもらおう

離乳食は楽しい食事にして好きになってもらおう

食事の時間が嫌なものになるのは、残念なことです。

赤ちゃんは成長に伴って食事のルールやマナーを理解できる様になります。赤ちゃんの困った行動はいつか終わりますので、やってはいけないことを短く伝えて気楽に対応していきましょう。

また、スプーンを使う機会を奪わない様にしたいものです。赤ちゃんのやる気を受け止めながら、毎日の食事を楽しく過ごしていきましょう。