モンテッソーリ教育を受けた有名人と藤井四段も受けていた教育の特徴

最近では、将棋の藤井四段もモンテッソーリ教育を受けていたと話題になりました。世界的に著名な人物もモンテッソーリ教育を受けていた、なんていう話も広まっていて、自分の子供にも受けさせてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。でも、実際にどういった教育法なのかがわかりにくいと、子どもに受けさせることにメリットがあるのか不安になりますよね。

モンテッソーリ教育は、イタリアが発祥の教育法の一つです。子どもの幼稚園や習い事をどうするのかについて調べていくと、モンテッソーリ教育を導入しているところが意外とたくさんあります。

モンテッソーリ教育を受けていた有名人にはどんな人がいるのか?がどういった教育法なのか?を説明します。

スポンサーリンク
広告大

モンテッソーリ教育を受けた有名人

 モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育が目指しているのは、自立し、周囲に対して思いやりを持てる人物を育てることです。日本の教育では、与えた課題を正確にこなす、ということに主眼が置かれがちですが、モンテッソーリでは自分で課題を見つけ、自分の力でやり抜く力が身につきます。

モンテッソーリ教育が広く普及している欧米では、多くの有名人が経験しており、オバマ大統領やハリウッド俳優のジョージ・クルーニー、英国王室の王子もモンテッソーリ教育の体験者です。

ジョージ王子はモンテッソーリ教育を行う保育園に通っている。
藤井聡太四段もモンテッソーリ教育を行う幼稚園に通っていた。

特に昨今では、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグやウィキペディアの創始者、ジミー・ウェールズ、Google創業者、ラリー・ページとセルゲイ・ブリンなど、ITの世界で革新を起こしている人にモンテッソーリの体験者が多く見られます。

イギリス王室:ヘンリー王子、ウィリアム王子、ジョージ王子
政治家:バラク・オバマ、ビル・クリントン、ヒラリー・クリントン、ジャクリーン・ケネディ・オナシス(ジョン・F・ケネディの夫人)
俳優・女優:ジョージ・クルーニー、ダコタ・ファニング、ヒュー・グラント、ヘレン・ハント、ジョン・キューザック、ジョーン・キューザック、エリザベス・ベリッジ、カミ・コトラー、メリッサ・ギルバート、サラ・ギルバート
歌手:テイラー・スウィフト、ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ、
音楽:ショーン・コムズ(プロデューサー)、ヨーヨー・マ(チェリスト)
実業家:マーク・ザッカーバーグ、ジミー・ウェールズ、ラリー・ページとセルゲイ・ブリン、ジェフ・ベゾス、キャサリン・グラハム、ビル・ゲイツ
発明家:トーマス・エジソン
その他:アンネ・フランク、ヘレン・ケラー、ガブリエル・ガルシア=マルケス、ジュリア・チャイルド、ピーター・ドラッカー、ウィル・ライト

Montessori is an acclaimed educational path. Discover some renowned inventors and creators who love and have gone through Montessori.

モンテッソーリ教育とは?

 モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は、障害児の治療に注力したイタリアの女性医師、マリア・モンテッソーリによって提唱された教育法です。

その基本的な考え方は、子どもは自らのなかに自分自身を成長させる力をもともと持っており、大人はその力が滞りなく発揮できるように見守り援助する立場である、というものです。子どもの自主性が尊重され、大人が「教育」することはありません。

発達段階に相応しい活動ができる環境と、その環境の中で子ども自らの意志で物事に取り組むことが保証されています。自主性を尊重する、といっても、なんでも子どもの好きにさせるというわけではなく、モンテッソーリの理念に基づき、発達段階や年齢に合ったメソッドが用意されています。

モンテッソーリ教育の歴史

 モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育の提唱者、マリア・モンテッソーリは心理学や教育学の研究者でもあり、それらの理論に基づいて障害児の治療研究に取り組んでいましたが、1907年に貧困層向けの保育施設「子どもの家」を設立し、健常者にもモンテッソーリの教育プログラムが実施されるようになり、一般に広まっていきました。

現在はモンテッソーリ教育を実践している施設を「子どもの家」と呼び、日本でもモンテッソーリのメソッドを受けることができます。「子どもの家」以外でも、モンテッソーリ教育を導入している施設は多くあります。

モンテッソーリ教育の目的や特徴

 モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は、子どもが年齢に応じて興味の対象を変化させたり、できる運動が変わったりすることを重要視しています。

成長に伴った能力を獲得するには、それに合った時期があるとし、ふさわしい時期にふさわしい能力を習得できるメソッドを用意しています。また、縦割りで年齢の異なる子どもが一緒に生活することで、他者に対する思いやりの気持ちを育てます。実践的な幼児期の教育としては5つの科目があります。

日常生活の練習

日常生活に必要な物事を、普通の家庭では親がやってあげたり、「お手伝い」という位置づけでやらせたりすることが多いと思います。モンテッソーリ教育では自分のことは自分でするということを当たり前にできるようにし、子どもの自立心を育みます。

幼児期の子どもは大人の真似をすることがとても好きです。無理なく真似して日常生活の作業に取り組めるよう、ボタンかけや掃除、料理など子どもが扱いやすいサイズの道具が用意されます。食器は、本格的な陶器やガラスの物があり、壊さないように丁寧に扱うことを感覚的に身に付けていきます。

感覚教育

感覚器官が洗練されていくことは、言語や算数など、他の教育分野の基礎にもなる重要な発達の要素です。

幼児期は、成長に伴い、自分の周りの物事を整理整頓し、理解していく時期です。モンテッソーリが作り出した教具(きょうぐ)と呼ばれる道具や教材を用いて、子ども自身が実際に触れたり、見たりできる具体的な物から、段階的に抽象的な感覚や思考を引き出します。

言語教育

言語の発達も、物の名称を覚えることから形容詞、動詞と段階を追って発達すると考えています。絵や文字のカードを使ったり、ゲームをしたりすることを通して文法や文章の構成などの知識も幼児期から取りいれます。

算数教育

モンテッソーリの考え方は、具体から抽象へと思考が発達していくというものですから、算数教育についても、ものの数や量について、棒やビーズなどの具体的な形のあるものから学んでいきます。またテキストなどを通して学ぶのではなく、遊びやゲームを通して無理なく身に付けます。

文化教育

日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育を基本とし文化的な素養を深めていくのが文化教育です。身近にあるものごとや出来事を通じて、歴史や芸術、動物や生物など様々な分野に触れていきます。

モンテッソーリ教育は日本でも広まっている?

 子ども

モンテッソーリ教育は、日本では幼児教育として普及しています。「子どもの家」だけでなく、独自にモンテッソーリのメソッドを取り入れている幼稚園や保育園もあります。

小学校以降でモンテッソーリ教育を受けることができる認可された機関はありません。幼児期にモンテッソーリ教育を受けることで、小学校以降の環境に適応することや、学力に差が出てしまうことを心配する場合もあります。しかし、多くの子どもは、自主的に考えて動くことが身につきますので、幼児期にモンテッソーリ教育を受けることがデメリットになることは少ないと考えてよいでしょう。

モンテッソーリ教育を上手に活用して子育てを楽しもう

 活用

モンテッソーリの基本的な考え方は、子どもの自主性を重んじそれを伸ばしていくことです。日本の教育が個性の尊重に重きを置かず、画一的な教育になりがちであることに問題意識を持つママには、興味深い教育法ですね。

ですが、モンテッソーリ教育を受けたからといって、誰もが高い能力を発揮できるというわけではなく、子どもにとって向き不向きがあります。保育園や幼稚園などによって、導入の度合いは異なります。また、家庭がその教育法にどう向き合うのか、という点もとても重要です。まずは体験会などで、子どもの反応を見たり、幼稚園の取り組みに共感できるかどうか実際に話を聞いてみたりするとよいですね。

一つの教育法が絶対的によい、ということはあまりないですので、自分に合った部分を取り入れながら子育てを楽しんでいきましょう。